写真の構図の基本を学ぼう!vol.1 「三分割構図」

Both

:

STUDY

on_the_way_to_galle

Photo:on the way to Galle By boretom

写真を撮影する上で重要になのが、構図です。
構図を理解しておくことで、写真に意味を持たせたり、主体となる被写体に目を引き付けることができるようになります。

構図の基本をシリーズで、お伝えしていこうという、この企画。
第1回目の今回は、構図の基本中の基本「三分割構図」について、紹介していきます。

三分割構図とは

画面を縦と横、それぞれ三分割するように線(分割線)を引き、その交点に被写体を合わせるように構成された構図のこと。
この構図は、分割線や交点のどれかに、被写体やそれに連なる要素を合わせて配置することによって、整った写真に仕上がります。

特定の被写体以外に、景色全体を写真に収めたい場合にも、三分割構図は活躍します。
では、実際に三分割構図を用いた写真を見ながら、この構図について学んでいきましょう。

三分割構図の使い方

分割線の交点に被写体を合わせる

birds_2

Photo:Birds 2 By jaxbot

分割線の交点に被写体を置いて撮影します。
一見、単純な方法なのですが、これだけで、ちゃんと構図のとれた写真になります。
ご覧のように、三分割構図には4つの交点があり、そのいづれかに被写体を置くことで、被写体をより際立たせます。

分割線の交点と、分割線に被写体を合わせる

tweet_me_all_night_long

Photo:Tweet me all night long By X3SED

上の写真は、分割線の交点に被写体を配置し、縦の分割線に被写体が沿うように配置されています。
それによって、写真の中で何が主体なのかが明確になり、見た人の視線が、まず被写体に向くようになるのです。

撮影で、三分割構図を意識しよう!

デジタルカメラの場合だと、カメラのモニターもしくは、ファインダーの表示選択の中に、分割線が引かれた画面が用意されています。
デジタルカメラで三分割構図の写真を撮影したい時は、これを活用すると、しっかり構図のとれた写真になります。

ただ、フィルムカメラの場合は、デジタルカメラのように分割線の引かれたファインダーがついたカメラはほとんどありません。
そのため、実際に撮影する時は、ファインダーの中で分割線を思い浮かべて撮影します。
決して厳密に守らなければいけないものではありません。
構図を意識するのが大事です。
意識して撮影し続けることで、おのずと構図を正確にとれるようになっていきます。
今まで、あまり構図を意識せずに撮影していた方、ぜひ、三分割構図から初めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
安永きえ
CHEAP編集部 安永きえ / ライター・フォトグラファー
http://cheapcamera.tokyo/
Pick UP
Ranking