「露出」の決め方講座!絞り、ISO、シャッター速度の関係を知ろう

Both

:

STUDY

photografer-child

写真の基本のである露出の決め方についてご紹介したいと思います。

露出とは、レンズを通して、カメラがとらえる光の量の事です。露出を自在に操る事が出来るようになると、その被写体が持つ魅力を最大限に引き出せるようになるでしょう。

光の量を決める「露出」とは?

「露出」と専門用語を使われるとどうしても難しくとらえがちになってしまいますが、実はとってもシンプルです。

写真は、レンズ越しに見える空間の光をとらえることでデータになったり、フィルムに像が写ったりします。この空間の光を調整することを「露出」と言います。

露出が多過ぎれば、写真は真っ白になってしまいせっかく写したはずの像が消えてしまいます。足して、露出が足りなければ、真っ暗な写真が出来上がってしまい、同様にせっかくの写真が台無しになってしまいます。 その空間の光の量に合わせて露出をちょうどよい値に決める事が重要です。

露出はどうやって調整するものなの?

カメラには、以下の3つの機能が備わっています。

  • 絞り(レンズについている羽根のようなもの)
  • シャッタースピード(どの程度の時間をかけシャッターを切るか決めること)
  • ISO[感度] (カメラが光をどの程度とらえるか決める感度のこと)

これらのバランスを整えることで露出を決めることが出来るのです。

露出を決める3つの要素

露出の考え方として例として、よく挙げられるのは、以下のような図です。

Web

まずイメージしていただきたいのは、図のようなコップと蛇口、そしてコップの中にたまっていく水です。これらにそれぞれ先ほどの三つ要素を当てはめると次のようになります。

  • 絞り         = 蛇口の大きさ
  • シャッタースピード   = 蛇口を開ける時間
  • ISO[感度]      = コップの大きさ

そして、最後に溜まっていく水の量が、光の量です。

この水がコップいっぱいになるときが、露出が一番適正な状態です。

3つの要素のバランスで露出が決まる!

では、具体的な露出の決め方をご紹介していきましょう。 例えば、コップをちょうど一杯にするために、水を出します。このとき蛇口の大きさ(絞り)を大きくすれば、その分だけ蛇口を開ける時間(シャッタースピード)は短くなります。逆に蛇口の大きさ(絞り)を小さくすれば、その分だけ蛇口を開ける時間(シャッタースピード)は長くなります。

つまり、蛇口の大きさ(絞り)と蛇口を開ける時間(シャッタースピード)は、ちょうど反比例の関係であることがわかります。

次にコップの大きさ(ISO[感度])も加えて考えて見ましょう。 コップの大きさ(ISO[感度])が、大きくなるほど、蛇口の大きさ(絞り)を狭くした場合でも、小さい場合と比較して、蛇口を開ける時間(シャッタースピード)が必要になりますよね。同じように蛇口の大きさ(絞り)を小さくすれば、その分だけ蛇口を開ける時間(シャッタースピード)も小さい場合と比較してコップが満タンになるまで時間を必要とします。

コップの大きさ(ISO[感度])は、その他二つと比例して大きくなったり、 小さくなったりする事がわかります。

露出を決める際は、コップの大きさ(ISO[感度])を決めて、その量に適した露出を作るために、蛇口の大きさ(絞り)、を調整する事が必要です。

3つの要素の特性を理解しよう!

次に押さえておきたいのは、これまで紹介した3つの要素ごとの特性についてです。

簡単にまとめると以下のようになります。

蛇口の大きさ(絞り)

蛇口を大きくすればするほど(絞りを開放側にすると)被写界深度が浅くなり、ピントが合っている場所以外がぼけやすくなります。

蛇口を開ける時間(シャッタースピード)

蛇口を開ける時間(シャッタースピード)を長くすればするほど、その時間に動いた被写体の像を全て写真に記録することが出来るようになります。簡単にいうと、蛇口を開ける時間(シャッタースピード)が長いとぶれやすくなり、逆に短いと動きの早いものでも、ぶれにくくなります。

コップの大きさ(ISO[感度])

コップの大きさ(ISO[感度])を大きく(高く)すればするほど、写真は荒くなります。ノイズが入るといった方がイメージしやすいかもしれません。逆に小さく(低く)すれば、写真はより鮮明にシャープな描写をとらえる事が出来ます。

これらの特性を押さえて「蛇口の大きさ(絞り)」「蛇口を開ける時間(シャッタースピード)」「コップの大きさ(ISO[感度])」のそれぞれの値を決める事で、あなたがイメージした通りの写真を撮影することが出来るはずです。

まとめ

絞り、シャッタースピード、ISO[感度]を自在に操り露出を決められるようになれば、マニュアル操作で撮影を行う際に不便なく、自分が思った写真をとることが出来るでしょう。

また、シャッタースピードと絞り、ISOはそれぞれ役割を持っていますので、次回以降では具体的な露出の活用方法をご紹介いたしますので、是非ご覧ください。

この記事を書いた人
CHEAP編集部
CHEAP編集部 / WEBライティング部門
CHEAP - camera magazine - 公式編集部 カメラにまつわる様々な情報を毎日発信しています。 基本的な撮影方法やアイテム選びならお任せあれ!
http://cheapcamera.tokyo/
Pick UP
Ranking