合計3機種!使い捨てインスタントカメラ「写ルンです」の種類と特徴

Filme

:

ITEM

uturundesu_anivarsaly

先日30周年を迎えた使い捨てインスタントカメラ「写ルンです」。

現在は、ILFORDを始めとした様々なメーカーから使い捨てインスタントカメラが販売されていますが、その圧倒的な使い勝手から富士フィルムへの指示は、衰えを知りません。
そこで、現行で販売されている計3機種の特徴と選び方について今回はご紹介していきたいと思います。

「写ルンです」シンプルエース

https://www.instagram.com/p/BKvmRbvB9or/

使い捨てインスタントカメラの定番機種!「写ルンです」シンプルエース!!
ISO感度は400のフィルムを採用しているので、今回ご紹介する3機種の中で最もノイズが少ない粒子感のある写真を撮影することが出来ます。

日中の外で撮影であれば、このカメラを選んでおけば、間違ないでしょう。
夜や室内であっても付属の内蔵フラッシュを使えば、比較的、綺麗な写真を撮影することが出来ます。

ただし、シャッタースピードは、1/140秒と若干遅めになるので、素早く動く被写体 (ペットや子供など)の撮影に関しては、余り強くありませんので、出来る限り動きが少ない被写体を選んで撮影をするようにしましょう。

「写ルンです」1600 Hi・Speed

https://www.instagram.com/p/BKp8BiUgE4w/

ISO感度は、なんと1600!!今回ご紹介する機種の中では、最も夜や室内など、暗い環境化で撮影に最適な使い捨てインスタントカメラです。また、その分シャッタースピードも1/200秒と早く設計されているので、素早く動く被写体 (ペットや子供など)を撮影する際にブレを起こす事なく撮影出来ます。

また、撮影距離範囲は、0.8m~無限遠となっているので、他の写ルンですと比較すると、被写体に最も近寄って、シャッターを切ることが出来ます。 被写体をクローズアップ(強調)して撮影するなどの演出などを撮影の幅がぐっと広がるでしょう。

ただし、ISO感度が高い分、少しノイズが強くなってしますので、出来上がった写真は、ざらつきが強い写真となります。

「水に強い写ルンです」 New Waterproof

その名のごとく、水中でも撮影をすることが出来る使い捨てインスタントカメラです。水深10mまでの気圧で使用できるので、海水浴やプールにいくときに大活躍すること間違いなし。

また、防水カバーがホコリや雪など水以外のカメラに余り良くない物もはじいてくれるため、積雪の中での撮影や工事現場、ホコリが多い廃墟など少しハードなシーンでもガシガシ使う事が出来ます。

ISO感度は800。夕暮れなどの若干暗い環境化での撮影も可能です。
また、撮影可能範囲は、「陸上の場合:1m~無限遠」「水中の場合:1m~3m」となっています。

陸上の場合であれば、一番始めにご紹介した。「写ルンです」シンプルエースと変わらないので、比較的扱い安いでしょう。ただし、水中の場合は、1m~3mになるので、被写体との距離感に関しては、少し注意が必要です。

いかがでしょうか。

上記の内容を参考に皆様の撮影シーンに合わせて、一番合った機種を選んでみてはいかがでしょうか。また、使い捨てインスタントカメラからフィルムカメラの醍醐味を味わって見るのもおすすめですよ!!

この記事を書いた人
CHEAP編集部
CHEAP編集部 / WEBライティング部門
CHEAP - camera magazine - 公式編集部 カメラにまつわる様々な情報を毎日発信しています。 基本的な撮影方法やアイテム選びならお任せあれ!
http://cheapcamera.tokyo/
Pick UP
Ranking