富士フィルムがスクエアフォーマットの新型チェキを開発中!

Filme

:

ITEM

引用;「instax SQUARE スペシャルサイト」(http://instax.jp/square/)

富士フィルムが2016年9月20日に新たにスクエアフォーマットのチェキフィルムを発売すると発表しました。

ポラロイド「SX-70」の人気フォーマットをチェキで再現!?

アスペクト比(縦横比)が1対1の白枠フィルムと言えば、ポラロイド社のSX-70を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
このフォーマットでしか描く事の出来ない世界観は、あらゆるフォトグラファーから根強い指示を受けています。

ただし、SX-70で使用できるスクエアフォーマットのフィルムは、チェキフィルムと比較すると少し高価な上に、SX-70というカメラ自体も今ではなかなか手に入らない代物です。

そんな中、富士フィルムから新しく発売されれば、今発売されているチェキと同じような気軽さで楽しむことができるので、期待が高まりますね!

instax_square2

引用;「instax SQUARE スペシャルサイト」(http://instax.jp/square/)

また、富士フィルムの本気を感じる絵作りに仕上がっています。

現状の機体では、スクエアフォーマットに対応出来るものはない

現在、富士フィルムから発売されているチェキは主に、instax miniシリーズ、instax wideシリーズの2種類。instax miniで使用出来るフィルムのフォーマットは62mm×46mm。の「ミニ」、instax wide は、62mm×99mm。

今回のスクエアフォーマットのフィルムが62mm×62mmであることからも新しい機体が発売される可能性すら感じます。
ちなみに、富士フィルムのプレス情報を見てみると、まだ使用出来るカメラは”未定”となっていることからもより一層、新型チェキの発売の可能性が高まります。

発売日は?最新情報はどこでチェックをすれば良い??

発売時期に関しては、「平成29年春」とされています。
なかなか先の話にはなってしまいますが、今回、新たに「instax SQUARE スペシャルサイト」(http://instax.jp/square/)が開設され、最新情報を随時チェックすることができるようになっているようなので、気になる方は是非コチラもチェックしてみてください。

2016年9月25日まで、ドイツのケルン市で開催されている世界最大級の写真展「Photokina 2016」にて、スクエアフォーマットフィルムの作例も展示されているようなので、SNSなどで実際に会場に訪れた方の反響もチェックしてみても良いかもしれません。

新型Impossibleフィルムやチェキモノクロフィル、ロモインスタント、ライカ版チェキの発売といい・・・今年は、本当にチェキに関するニュースが絶えないですね!

正直、ライカ版チェキの発売が決まったとき、富士フィルムの独壇場が崩れたかもしれないと思いましたが。。。さすが富士フィルム。
チェキの産みの親として、一歩先に進んでいると言った印象です。
まだまだ、私たちユーザーを楽しませてくれることは間違いないでしょう。
これからが本当に楽しみで仕方ありません!!

この記事を書いた人
CHEAP編集部
CHEAP編集部 / WEBライティング部門
CHEAP - camera magazine - 公式編集部 カメラにまつわる様々な情報を毎日発信しています。 基本的な撮影方法やアイテム選びならお任せあれ!
http://cheapcamera.tokyo/
Pick UP
Ranking